導入事例

グループ施設運営を強力にサポート

グループ全体の実績や販売戦略を本部が統括する体制を構築

南紀白浜・白浜温泉
梅樽温泉ホテルシーモア様

お話をお伺いした方:予約センター課長 高松 伸英様

梅樽温泉ホテルシーモア様
客室総数 :164室 和歌山県西牟婁郡白浜町1821 TEL:0739-43-1000
ホームページ:http://www.seamore.co.jp

「紀の国」の海と山を眺めながらゆとりと寛ぎを愉しめるホテルシーモア様。日本三大温泉「白浜」の豊富な天然温泉を、自家源泉による掛け流しの放流型で、すべての大浴場・露天風呂で提供しています。活紀州本クエ専門店「九絵亭」では本場ならではのクエ料理を心ゆくまで堪能でき、「白浜海中展望塔」も併設。アドベンチャーワールドまで車で10分の好立地も魅力です。

導入事例概要

ご利用機能

  • フロント会計
  • 顧客管理
  • 予約管理
  • Web連動
  • 売掛管理
  • INCHARGE BI
  • 本部管理機能

課題と効果

グループ本部の管理強化を図りたい。
本部管理機能を利用し、全施設の実績、予算対比などのデータをリアルタイム、一元的に把握する環境を構築
データ消失リスクを低減したい。
高いセキュリティとバックアップ体制を確保。
サーバー設置や管理に必要なコスト削減。
クラウド型により、初期費用の軽減、サーバーの保守・管理費用などの負担がなくなり、コストを削減

本部管理機能で顧客管理も一本化。情報の"可視化"で販売力強化へ

ホテルシーモア様は2013年9月、従来のクライアント・サーバー型のシステムからINCHARGE 7へ切り替えされました。理由は、本部機能の一体化。全部で4つの宿泊施設と大阪、東京、和歌山、名古屋の営業所をシステムでつなぎ、各店舗の予約実績、予算対比などをシームレスに把握できる環境の構築が大きな目的でした。

イメージ図

INCHARGE 7の「本部管理機能」でグループ各施設の予約状況、売上状況をリアルタイムに管理できるようになり、グループ全体での顧客管理が可能になったと予約センター課長・高松様。
「業務スピードもお客様への対応力も格段に上がりました。入力した情報は共有化されるので各施設と営業担当者間でお客様情報のニュアンスがうまく伝わらないということも少なくなりました。営業所にとっては、顧客情報がリピーター獲得にも役立っています」

クラウド型で初期費用を削減、データ損失リスクも最小限に

もうひとつ、同社がINCHARGE 7に期待したのが、データの保全性でした。過去にサーバーの故障により、一部のデータを失うアクシデントを経験したため、データ消失リスクを最小化することも重要課題とされていたのです。その点においても、高いセキュリティとバックアップ体制を備えたクラウド型のINCHARGE 7が最良と判断されました。

「まさに我々の課題を解決してくれるシステムでした」と高松様。さらに操作性のよさも決め手となりました。

「他のシステム会社から提案があると、INCHARGE 7の操作性の良さが逆に実感できるんですよ。たとえば部屋割りなら、INCHARGE 7はドラッグ&ドロップの操作でOKですが、他社は部屋番号を手入力する必要があって面倒だなと。コスト面でも初期費用が安く、負担が抑えられるクラウド型が魅力でした。当初は月額コストは高く感じられましたが、サーバーの保守費用の負担や、パソコン故障時のソフト設定に関わる費用も必要ないので、費用対効果としてはメリットの方が大きいですね」

操作画面
「客室アサイン」画面 (宿泊施設様の実際の画面とは異なります)
右側の予約一覧から空室にドラッグ&ドロップするだけなので、誰でも操作が可能です
操作画面
「ブッキングカーブ」画面 (宿泊施設様の実際の画面とは異なります)販売状況の把握と先行需要の予測から、プランの販売状況と分析に役立ちます。

さらに社内で評判になったのが、INCHARGE BI(販売分析機能)でした。今まで見えなかったデータを可視化することで得られる〝気づき〟を実感されています。
「たとえば大晦日や元旦など特定日のブッキングカーブから、今年はもっと早く営業をかけて取りこぼしを徹底的になくそうなど、課題がハッキリ見えます。とかく、長年の〝勘ピューター〟で判断してしまいがちですが、今後はこういうデータを積極的に活用していきたいですね」

サポートセンターの対応の早さ、柔軟なアフターフォローに大きな信頼

クラウド型のメリットを最大化して使いこなすためには、導入後のサポートも欠かせません
「当社とINCHARGEシリーズとは長いお付き合いになりますが、サポートセンターの対応が早く、気軽に問い合わせできるので非常に助かっています。また、担当営業の方がこちらの意図をよく汲んでくれるのも信頼できる。システムの向こうにしっかりとしたアフターフォロー体制があるという安心感がありますね」

今後も同ホテルでは、本部管理機能を武器にした業務の効率化を進めるとともに、INCHARGE BIを活用した販売促進に注力されていく予定です。

担当営業メッセージ

今後もINCHARGE 7を活用いただけるよう
しっかりサポートいたします

PMS事業部 今村 考宏

ホテルシーモアグループ様は、INCHARGE 7の導入によりすべての宿泊施設と営業拠点のシステム連携がなされ、複数拠点でのシステム活用が容易なクラウド型サービスの価値を最も発揮できる環境でご利用いただけているのではないかと感じています。
INCHARGE 7のご利用開始にあたっては、各拠点のご担当者にも多大なご協力をいただき、スムーズなシステム切り替えを行うことができました。
今後もシーモア様からの信頼に応えられるよう、営業担当として微力ながらフォローアップをさせていただき、INCHARGE 7をより有効にご利用いただけるようにしていきたいと考えています。

ご紹介の事例に関する内容はこちらから